小便器のトイレリフォームについて

トイレリフォームをすることで、自宅のトイレに小便器を取り付けたり、逆に取り付けられている便器をなくすこともできます。小便器が必要な家庭と必要ではない家庭がありますが、家族構成に応じて自由に変更することができます。小便器の取り付けや取り外しによる、利用者側の効果についてみていきましょう。

■トイレに小便器を取り付けるメリットとは

自宅のトイレに小便器を取り付けると、男性が座らずにトイレを済ませることができます。膝や腰に痛みを感じている年配の方などは、座ったり立ち上がったりする回数が少ない方が快適な場合があります。
現状のトイレが和式タイプの場合は、便器の取り付けとともに和式タイプから洋式タイプに変更することも可能です。家族構成や家族の健康状態に応じて、快適なトイレリフォームを検討してみてください。



■トイレから便器を取り外すことのメリット

家族構成が変わるなどして、小便器が不要になった場合は、トイレリフォームでこれを取り外すことが可能です。不要になった便器を取り外すことで、トイレ内の空間を広く利用できるようになります。
また、小便器を取り外すことで、トイレ掃除の負担も少なくなります。使わなくなった便器でお困りの場合は、水周りの専門業者に相談して取り外す工事の見積もりをしてもらうといいでしょう。




■まとめ
トイレリフォームでは、小便器の取り外しや取り付けができます。新しく取り付ければ、膝や腰に痛みを抱えている年配の方が快適にトイレを使えるようになります。逆に、使われていない小便器を取り外すことで、トイレを広く使えるようになります。小便器のトイレ掃除をする必要がなくなるので、掃除の負担も少なくなります。トイレのことで問題があるときは、水周りの専門業者に相談してトイレリフォームの見積もりを受けるのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ