トイレの詰まりや水漏れをきっかけにトイレリフォーム!

トイレの詰まりや水漏れなどのトラブルが発生した際に、修理を依頼するのではなく、トイレリフォームやトイレの交換を検討することも可能です。水道工事の専門業者に相談すれば、修理をするケースとトイレを交換するケースの両方の見積もりを比べて検討することができます。ここでは、トイレの買い換えのきっかけとなるトイレのトラブルについて紹介します。

■トイレの排水パイプに問題がある場合

トイレの排水パイプを交換しなければならないようなときは、トイレ本体も古くなっていることが考えられます。排水パイプの交換でトイレの床材も交換するようなときは、トイレの買い換えも検討した方が良い場合があります。
トイレを取り外すとトイレの跡が残っていることがありますが、将来、トイレを交換するときに床の交換も必要になる可能性があります。排水パイプの交換と同時にトイレも買い換えておけば、床材の交換が一度で済むことになります。



■トイレの修理費用が高額になる場合

トイレの修理の見積もりをもらったときにトイレの買い換えと同じくらいの金額になるときは、新しいトイレに交換するのがおすすめです。新しいトイレに交換すれば、節電や節水タイプを選ぶこともでき、将来のトイレの維持費を節約できる可能性があります。
また、古いトイレを使い続けている場合は、新たに別のトラブルが発生することもあります。将来の修理費用を節約できる場合もありますので、プロの意見を聞いて総合的に判断するのがおすすめです。



■まとめ
トイレの詰まりや水漏れをきっかけにトイレの買い換えも検討することができます。トイレの床材を剥がすような大掛かりな工事をする場合やトイレの修理費用が高額になるときは、トイレの買い換えをした方が良い場合があります。水道工事の専門業者のプロの意見を参考にして、トイレリフォームをも含めた総合的な判断をするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ