トイレリフォームでタンクレスにするときの注意ポイント!

トイレリフォームでタンクレスのトイレを選ぶ場合は、壁紙も同時に交換したほうが良い場合があります。また、新しいトイレの形状によっては、床の張り替えをした方が良い場合もあります。タンクレスのトイレは、とても人気がありますが、注意ポイントについてもしっかりと確認しておくと安心です。トイレの交換で壁紙を交換したほうがよいケースとおすすめのトイレリフォームについて紹介します。

■トイレの壁紙まで交換が必要になるとき

トイレの壁紙まで張り替える必要があるのは、壁紙が古いトイレのタンクで汚れている場合です。古いトイレを取り外してみるとトイレタンクの形をした汚れが付着している場合があり、簡単には汚れが落ちないことがあります。また、トイレタンクの裏側だけ壁紙が貼られていないケースもあります。このようなときは、壁紙の張替えについても水周りの専門業者に依頼した方が良いこともあります。



■タンクレストイレのおすすめリフォームとは

タンクレストイレに交換する場合は、これまでトイレのタンクがあった部分にスペースが生まれます。この広くなったスペースを活用して、飾り棚や収納スペースを設けることも可能です。
飾り棚に花などを飾れば、トイレの雰囲気を明るくすることができます。収納スペースを設けて、トイレットペーパーを収納したりすることも可能です。現在のトイレの問題点について水周りのプロに相談し、より便利で快適なトイレになるためのアドバイスを受けるのがおすすめです。



■まとめ
トイレリフォームでタンクレストイレを選ぶ場合は、壁紙の張替えが必要になることがあります。古いトイレタンクの裏側が汚れていたり、壁紙がない場合があるからです。また、新しくスペースが生まれたところに飾り棚などを作ることもできますので、より快適なトイレを目指して、水回りのプロに相談するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ